睡眠 浅い

睡眠,浅い

「1日中眠い気がする・・」

 

「ずーっと疲れが取れない・・・」

 

 

あなたはこんな状況に陥っていませんか?

 

 

これは、もしかすると睡眠が浅いせいかもしれません。

 

 

しかも、ちょっと危険信号が出ている可能性もあります。

 

 

睡眠が浅いのは病気の場合もある

 

 

まず最初に注意しておきたいのは、睡眠が浅いのは病気の場合もあります。

 

 

睡眠時無呼吸症候群

 

無呼吸症候群というのは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

睡眠中に長時間呼吸が止まってしまう病気のことです。

 

対処法:家族に睡眠を見てもらう。専門医に相談する。

 

 

レム睡眠障害

 

普通は夢を見ている時は、体が動かないようになっているのが人間の正常な動きです。

 

でも、その機能がうまく働かなずに、寝言を言ってしまったり、体まで夢どおりに動かしてしまう人もいます。

 

対処法:寝ている間に体に傷がある場合は、専門医に相談する

 

 

むずむず脚症候群

 

寝ている時に足に違和感を抱えてしまい、じっとしていられないという病です。

 

寝ている時にも足が動いてしまいます。

 

対処法:起きている時にも足に違和感を感じている場合は、専門医に相談する

 

 

 

ここまでで紹介した病気に思い当たる方は対処法通りに、専門医に相談した方が良いでしょう。

 

 

それ以外の方は違う原因があります。

 

 

睡眠が浅い原因

 

睡眠が浅い原因は主に3つあります。

 

ストレス

 

一番多いのはストレスです。

 

自分では気づかなくとも強いストレスを感じており、脳が興奮状態にある状態になっている可能性があります。

 

脳が覚醒状態にあるため、睡眠が浅くなってしまうんです。

 

 

睡眠ホルモンの減少

 

睡眠ホルモンというのは正式には「メラトニン」と呼ばれています。

 

正常な人はこの睡眠ホルモンが夜に多く分泌されるのですぐに眠りに入ることができます。

 

しかし、この睡眠ホルモンが足りないと眠りに入れず、睡眠が浅くなる傾向にあるのです。

 

睡眠ホルモンは光のないところで活性化するので、明るい部屋で寝ていたり、睡眠の直前までスマホやテレビを見ていると減少してしまいます。

 

 

体内リズムが乱れている

 

体内の生活リズムが乱れているのが原因の場合もあります。

 

生活リズムが乱れていると、深く眠れない場合があります。

 

体がどこで休めばよいか混乱している状態になっているということです。

 

 

 

では、こんな人達はどうすれば良いでしょうか?

 

 

睡眠が浅い時に改善したい点

 

解決方法は2点あります。

 

運動を適度に行う

 

適度な運動を行うと体内の巡りが良くなって副交感神経が安定してきます。

 

寝る前の運動はNGですが、日中に運動を行うのはとても効果的です。

 

 

睡眠環境を変える

 

睡眠環境に問題がある場合はそれを変えてみましょう。

 

 

具体的には下の点です。

 

明るい場所で寝ている→電気やテレビを消して寝る

 

まくらが合わない→自分に合ったまくらを探してみる

 

寝る前にスマホやテレビを見ている→寝る1時間前から見るのを控える

 

 

特に、明るい場所で寝ていたり、寝る前にスマホをいじっていると
睡眠ホルモンが減少してしまうので、浅い眠りになってしまう可能性は高いです。

 

 

それでも浅い睡眠が改善しない場合

 

改善策を試してもダメな場合もあると思います。

 

また、すぐに深く眠りたい人もいると思います。

 

そんな時はサプリメントをおすすめします。

 

 

睡眠が浅いと人生にも影響を与える

 

浅い睡眠を続けていると、1日の活動のパフォーマンスも落ちていきます。

 

そのため、仕事がうまくいかなかったり、人間関係に支障をきたす場合もあるかもしれません。

 

 

しかし、逆を言うと、しっかり睡眠をとると、人生がうまく回り始めることすらあるということです。

 

 

想像してみてください、睡眠が浅いのを改善した自分の姿を。

 

朝から疲れていないので1日が活動的になる。

 

仕事も積極的にできるようになり、うまく回る

 

人間関係も円滑に進むようになり、ストレスが減る

 

 

良い睡眠を手に入れて、人生を変えてみましょう。

 

睡眠,浅い